本文へスキップ

マイナス2歳からの健口&健康育成・マタニティ歯科

−2歳からの健康育成セミナーのご予約はTEL.059-326-0054

三重県四日市市 悪い歯並び&虫歯予防

マイナス2歳からの健口&健康育成・マタニティ歯科

ようこそ、マイナス2歳からの健口&健康育成・マタニティ歯科のホームページへ。

生まれた直後からの子育てや、妊娠中の母体の影響でお口の機能が悪くなり、その影響で、近年歯並びやかみ合わせのよくないお子様が、激増しているのをご存じですか?
歯並びやかみ合わせのよい子は、むしろ少数化しており、殆どのお子様が何らかの問題を抱えている、といっても過言ではありません。

歯並びは見た目の問題と捉えている方が、まだまだ多いようですが、実は歯並びが悪くなる環境を放置しておくことが、お子様の一生の健康を左右する極めて重要な問題であることが、近年指摘されるようになってきました。
最も重要な問題は、

呼吸障害・睡眠障害

です。
お子様の健康に問題がないかを知って戴くために、以下の質問に答えてみて下さい。

□ 姿勢が悪いですか?
□ いつも口をぽかんと開いていませんか?
□ 食事をするとき、口を開いていませんか?
□ いびきをかきますか?
□ うつ伏せで寝ていませんか?
□ 目の下にクマがありませんか?
□ 二重あごになっていませんか?
□ 唇が乾いていませんか?
□ 喘息がありませんか?
□ 喘息がありませんか?
□ アトピーがありませんか?
□ ひどい便秘がありませんか?

いかがですか?
質問に1つでも当てはまることがあれば、お子様の呼吸には問題がある可能性があります。
呼吸は酸素を体内に取り入れるための極めて重要な体の機能。
呼吸は数分止まっただけで死に至ります。
たとえ止まらなくても、酸素不足の状態が続けば、酸素を大量に執拗とする脳の発育に影響が出たり、中高年になったときには心臓病の原因となります。
更に、近年では、口呼吸が様々な病気を一生に渡り引き起こすことも分かってきました。

『口呼吸は万病の元!』

歯並びだけでなく、お子様を健口・健康に育成するためには、マイナス2歳からの取り組みが必要です。
このサイトでは、お子様の一生を決める重要なこの時期に積極的にアプローチする重要性について、説明しています。

お口の機能が悪いと、全身の発達にも悪影響が

立てない、歩けない、ハイハイが出来ない
などの問題で悩んでいるお母様。
実は、お口の機能、特に舌の機能が悪いと、

「ハイハイがなかなか出来ない」
「立てない」

などの問題が起こることがあります。
これらの問題が、なんと舌(ベロ)を刺激しただけで大きく改善することがあります。
お口の機能は、実は全身の発達にも影響があるのです。

お子様の一生の健康を大きく左右する、妊娠前〜乳幼児期の育て方

近年、妊娠中の母親の姿勢・子宮の形などや、乳幼児期の育て方が、子ども達の将来の健康を大きく左右することが分かってきました。
例えば、妊娠中の姿勢が胎児に無理な体勢を強いることにより、生まれてきた時点でお子様の身体に問題が起こったり、抱っこの仕方、寝かせ方、離乳食の与え方などが、その後の様々な健康上の問題を左右することが、分かってきています。
そしてそれを防ぐためには、妊娠する前に母体の子宮の形を整えておく子とも必要である、という意見もあります。

そして、いったん悪い癖がついてしまうと、それは治せなくなったり、治せるにしても大変な努力が必要になります。
従って、妊娠する前から正しい知識を持って戴き、それを実践してもらう事が、極めて大切です。

このサイトは、日本小児歯科学会会員・日本口腔育成学会の歯科医師が助産師さんの協力を得て、これから妊娠を考えている方からすでに育児中の方を対象に、お子様を健康に導くための情報発信を目的として公開しています。

informationお知らせ

  • 休診日のお知らせ

    水曜・日曜・祝日が休診となります。
  • 本サイト試験公開

    平成29年10月より仮公開を開始しました。
  • 健康保険について

    予防は日本の健康保険では給付対象ではありません。
    ただし、初めての方は身分証明書として必ず健康保険証をお持ちください。

マタニティー歯科

三重県四日市市で健口育成、妊活・マタニティ歯科セミナーを、開催しています。 お申し込みは 059-326-0054 さくら歯科 まで。