本文へスキップ

マイナス2歳からの健口&健康育成・マタニティ歯科

−2歳からの予防セミナーのご予約はTEL.059-326-0054

三重県四日市市 悪い歯並び&虫歯予防

なぜマイナス2歳から?why?

マイナス1歳からマイナス2歳への変遷

マイナス2歳 歯並び かみ合わせ 虫歯 予防

子どもの健口(歯並び・かみ合わせがよく虫歯・歯ぐきの病気のない・口臭のないお口)を達成するためには、お母様が妊娠中から様々な事に気をつけていく必要があります。
従って、従来歯科では「マイナス1歳からの予防」というキャッチフレーズが使われていました。

虫歯のみならず、歯並び・かみ合わせ悪化の予防や、近年増加している自閉症にならないための予防に取り組むためには、妊娠してからでは間に合わない内容も多く、妊娠する前に、即ち結婚が決まった頃から取り組みを始める必要があると、当院では考えるようになってきました。
それが、「マイナス2歳からの予防」が必要な理由です。

歯医者が歯だけを守るのは時代遅れ!

歯医者

唾液
呼吸

マイナス2歳からの歯並び予防・睡眠時無呼吸の予防

以前は「歯並びは遺伝」、と考えられていましたが、近年は「歯並びは体の機能異常が原因」と考えられる歯科医師が増えてきました。
具体的な原因は、『健康な歯並びへ』のページで説明しますが、例えば妊娠時の母親の子宮に形や、妊婦の姿勢も影響する場合があることが分かってきました。
子宮の形を整えたり姿勢を治すことは、短期間でできることではありません。
従って、結婚が決まった時点、つまりマイナス2歳から改善に取り組む必要があります。

歯並び異常はあごの発育不良が原因ですが、あごが小さいと舌が後方に追いやられ、それが気管を圧迫する『睡眠時無呼吸』などを起こします。

睡眠時無呼吸は様々な病気を引き起こす事が分かってきており、それを防ぐためにも正常なあごの発育を促す『マイナス2歳からの予防』が極めて重要です。

マイナス2歳からの虫歯予防

虫歯を作る原因菌(ミュータンス菌)は、主に母親から感染することがわかっています。
大切なお子様の歯を守るためには、虫歯菌をお子様にうつさない事が大切です。

保健師さんなどの指導で、

『お箸やスプーンを子どもと共有しない』

と言う指導がされていますが、実は虫歯菌の母子感染には、お箸などを共有することが関係するという根拠がありません。
また、お子様がお腹の中にいる時期から、お母様のお口の健康管理を行い、お母様のお口の中の虫歯菌を減らすことが重要です。

ただ、妊娠してつわりがひどくなると、それどころではなくなってしまうことも多いのが現状です。
そこで、結婚が決まった頃から予防教育を始め、将来母親になるであろう女性のお口の中の細菌を減らすことを、ご自宅並びに歯科医院で行う必要があります。
これが、マイナス2歳からの虫歯予防です。

お子様の歯の健康を守るために、親子揃って一緒に予防を始めませんか?

マインス2歳からの自閉症予防

自閉症児の割合歯科で自閉症の治療をするわけではありません。
しかし、予防のための健康指導は可能です。
近年アメリカでは自閉症児が激増しており、日本でも増加しています。
増加の原因は色々ありますが、妊娠時の栄養と、重金属、特に水銀の影響が指摘されています。

よく、「妊娠初期前後には葉酸が必要だから、葉酸サプリメントを飲もう」という話を聞きますが、実はこのことが自閉症増加の一つであるとアメリカでは考えられるようになってきました。

葉酸には合成のものと天然のものがあり、天然のものは摂取すべきですが、合成のものが逆に自閉症児を増やす原因になっていることが分かってきました。
残念ながら、日本では天然の葉酸サプリメントは殆ど販売されていません。
ということは、葉酸サプリメントを飲むことは、逆に危険、ということになります。

一方、水銀は大型回遊魚と歯の詰め物により摂取されます。
大型魚(マグロなど)は「食物連鎖」と呼ばれる現象により、かなりの量の水銀を蓄積しています。
特に、以前よく使用されていた歯の詰め物 『アマルガム』からは、食事をしたり歯ぎしりしただけでも水銀ガスが発生します。それを吸い込めば、肺から吸収され、徐々に体内に蓄積されます。
母体に水銀が蓄積していれば、それは胎盤を通して胎児の成長に影響を及ぼすことがあります。

ただ、アマルガムはやみくもに除去してはいけません。普通に削って除去すると、大量の水銀ガスと水銀の粉が発生し、体内に吸収されてしまい、その結果体調を崩す方も存在します。
アマルガム除去を行うためには、より慎重に行う『安全なアマルガム除去』で対処する必要があります。

マイナス2歳からの早産・死産の予防

妊婦の歯ぐきに炎症があると、その原因となっている悪い細菌が血管の中に侵入し、胎盤に到達します。
そのことが、早産の原因になる事は、随分前から知られています。そして、中には歯ぐきの軽い炎症が死産を招いた報告も存在します。
『私は歯周病じゃないから大丈夫』と思っている方、それは誤りです。
妊娠中はホルモンバランスが変わり、妊娠中に増えるホルモンを餌にする歯周病菌が容易に増加し、歯ぐきに炎症を起こします。
もともとお口の自己管理がおろそかなヒトは、よりその危険性が増します。
従って、妊娠する前から正しい知識を持つ歯科医院にかかり、お口の健康管理指導を受けることが必要です。

マイナス2歳からの健口&健康育成・マタニティー歯科を行っているさくら歯科

三重県四日市市のさくら歯科では、常に最新情報を入手しながら、皆様に情報を提供しています。
さくら歯科についてはさくら歯科ホームページをご覧下さい。
お電話は 059-326-0054 まで。


マイナス2歳からの予防・マタニティ歯科

三重県四日市市で健口育成・マタニティ歯科セミナーを、開催しています。 お申し込みは 059-326-0054 さくら歯科まで。